FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

 ■  特殊撮影マニア ■

カラー透視だOnePlus 8pro 


昨夏にブログで開封レビューをお見せしましたがここでは第2弾記事として透視能力にスポットを当てて透視力がどのようなのかをお見せいたします

202101.jpg


このスマホはX線のように物体が透けるという事で話題になったモデルです
会員さんが海外のサイトから情報を拾ってメンバー掲示板に書いて下さり他の会員さんが購入されるようになり実際に撮影した画像を画像掲示板に乗せて下さって大注目された機種です

私もこの機種の存在は会員さんの書き込みで知り眉唾でしたが購入された会員さんの投稿いただいた透視画像を見て

本物だ

と確信を持ちレポートに至っております

ではこれからOnePlus 8proの嘘偽りの無いRMSスケスケ記事をお披露目いたしますのでご覧下さい


202102.jpg



X線のような透け画像を撮るにはどのようにその機能に入れば良いかの基本的な操作方法から説明Sます

まず右下のカメラアイコンをタップしてカメラを立ち上げます
(他の立ち上げ方もありますが)



202103.jpg


真っ白い物を映しているので画面には何も映りませんがカメラが立ち上がっている状態です

カメラを立ち上げると上のアイコンメニューの一番右側をタップします


202104.jpg


各種エフェクトの選択が下のメニューに出て来ます

隠れているので右のほうにスワイプして一番右のこのアイコンをタップします

タップすると画面中央に

「フォトクロミック」

というエフェクトが選ばれたことを示す文字が1秒ほど表示されこれが選択されたことが分かります

このモードこそが不可能を可能に変える全世界を驚かせた夢の機能なのです


202105.jpg

202106.jpg



海外の透視実験動画で透けさせるベースとしてされる事が多かったappleテレビを私も用意してみました

海外の人が使っていたものを自分が使えると真意のほどがしっかりと分かるのでありがたいです

元々肉眼で透けて見える物を見えないように画像加工して透けているように偽装した記事かどうか確実に自分で際限が出来ますからファクトチェックには世界で売られている物を使うのは正解だなと思いました


202107.jpg


通常に撮ると当然ながら見たままの画像が撮れます

では「フォトクロミック」のエフェクトを使ってみましょう


202108.jpg

202109.jpg



ぉお~すげぇ
真上から映すとすりガラス状のような感じで何となく中身が分かり
真横から映すと完全に中身の詳細が見えて部品名など印刷も見えてしまいます

これは私が海外のサイトを巡回してみた実験画像より鮮明に見えている感じすらします

感激です
改造せず特別なフィルターも使わず本体だけで本当に透けて見えるなんて



202110.jpg


こちらは当サイトでスケスケ改造をしているカメラに埋め込んでいる赤外線フィルターの余った淵になります

どこのメーカーの何を使っているかは改造依頼をされている人には全て公開しており誰でも改造できるようにしておりコロナ禍になってから改造依頼が激増したカメラです

今年も大人気継続なると思いますが生産終了品ですが今ならまだ手に入るので興味のある人はお早めにご入会下さい


202111.jpg


さて話を戻して当サイトで改造に使っているIRフィルターをこのスマホのレンズの前に当てがって可視光線を完全にカットした形で赤外線光だけで撮影してみます



202112.jpg


これが可視光線を完全にフィルターでカットして赤外線だけで撮った画像です

かなりびっくりな結果になりました

赤外線透視撮影って原理は人間の目で見える光は青緑赤の色の三原色と言われるこの3つの色が物体からどれだけ跳ね返ってくるかで人間は色が識別できます

例えば物体が青緑赤の光を100%吸収すれば肉眼ではそれは「黒」に見えます
逆に色の三原色が100%全部反射されて肉眼に入って来ればその色は「白」と認識されます

それぞれの色の三原色の反射率により色んな色に見えるわけですが赤外線とは字のごとく「赤の外の色」
の事を指します

肉眼で見える赤より波長の高い目に見えない赤が赤外であり人間の目では見えないけど電子の目(CCDやCMOSセンサー)では見えてしまうので肉眼では可視光が邪魔で突き抜けられないけど赤外線だけに反応させた電子の目だとそれを突き抜けて可視光を映さず赤外だけを映すからスケスケが出来ます

スケスケの特徴としては遠近感が強く出たりコントラストが高くなったりするのも特徴ですがこの実験ではIRフィルターを付けたほうが赤色に引っ張られ茶色っぽい画像になり遠近感が抜けてのっぺりした画像になりました

先ほどの画像と比べて欲しいのですがフィルターを使わず
「フォトクロミック」
のエフェクトを掛けて可視光線も入れてそのまま撮影したほうが鮮明で遠近感もしっかりと出る良質な映像が撮れました

これは感動ものです

凄いスマホが発売されちゃいました


202113.jpg



次に眩しい日差しを和らげたりプライバシーを守るために窓に吸盤で張り付けるサンシェードを使ってスケ実験をして見ましょう


202114.jpg


当然の事ながら良く透けます
「フォトクロミック」のエフェクトを使っているだけなのですが赤丸の所に注目してください

可視光線をカットするための先ほどお見せした赤外線フィルターです
なんとサンシェードは殆ど透明なのにIRフィルターは色が濃く残って映っています

非常に興味深い部分でありこれこそがこのスマホのスケの仕組みが皆が使う一般的な透けカメラと完全に仕組みが違う事が伺い知れます

つまり何かカメラやスマホを改造してこのOnePlus 8proの「フォトクロミック」と同じ機能を実装できない事を意味しています


202115.jpg


ソニーブラビアの純正リモコン



202116.jpg

202117.jpg

202118.jpg


背面は艶も無いし真っ黒で肉厚なのでとても透けて見えてしまうようには思えませんがこのスマホだと中が鮮明に見えますので分解しなくても中を確認できます
電池が液漏れしていて基盤まで腐食しているとか分解しなくても非破壊検査的な事が可能です



202119.jpg


ソニーのビデオカメラです
印をつけた黒いプラスチック部分にはナイトショット機ならライトやリモコンの受光部や距離を測るためのセンサーなどが入っています

ここを透過してみて見ましょう


202120.jpg


見事に透けて3つのパーツが入っていてどこが何なのかこれもまた分解せずに知る事が出来ました


202121.jpg



さてそこで私が興味を持つのは赤外線領域を使ったスケスケカメラなら肉眼でどんなに明るくても赤外線がその場に無ければ真っ暗で映らなくなってしまいますがこのスマホは赤外線が無い所でも透けるのか?

という疑問です
夜の室内です
照明はLED器具ですのでほどんど赤外線を出さず当サイトの人気改造機を使っても光源が映るのみで周りを写すことは出来ません

このスマホの「フォトクロミック」では色バランスが少し狂ってますが明るく肉眼と同等の明るさで映せます

この照明で透けるか実験してみました


202122.jpg


茶色い色が残りましたが半透明になり透けて中身が確認できました

つまりスケ度は落ちるけど赤外線が全く無くてもスケスケが出来るまさに夢のスマホなのです



202123.jpg


もう1度話題をサンシェードに戻し実験してみます

1枚だと肉眼で透けて向こうに何が有るか見えてしまいますので2枚重ねて見ました

重なった部分はここまで来ると流石に目視は不可能です


202124.jpg


この状態で本を入れて透けさせて本を確認できるか見て見ましょう



202125.jpg


サンシェードを2枚重ねてもなんのその

全く意味なくこの通り丸見えのスケスケでした

つまりキャンプの川遊びや海水浴に行き車の中で着かえる時はサンシェードを何枚重ねてもこのスマホで見ると車内丸見えで着かえが見られてしまうという事になります

しかも従来のスケスケと違いカラーでスケ撮影して撮られてしまうので用心に用心を重ねるべくドアにバスタオルを挟んで窓を完全に隠すとか徹底した対策をしないと特殊撮影プロ集団の我々がその気になれば一般人が思いもしないようなシーンが撮影出来ちゃったりもします
(私を含めもちろんそんな悪いことに使う人は居ないと思いますが)



202126.jpg


次に衣類のスケスケ実験をして見ましょう

この服で試します



202127.jpg




当然ですがどこもスケスケ記事を作るサイト様は同じだと思いますが透けやすい物を使い実験をしています

私も透けやすい物を用意して実験をしていますので衣類が全て透けるわけでは無いです

ポリエステルは涼しくて良いですが凄く良く透ける素材の1つです
今回はポリエステル95%の透けやすい服を使っています


202128.jpg


先ほどの書籍を中に入れて撮影しました

服の柄や模様は飛んで中の書籍がしっかり透けて見えます

ご自身の奥様や彼女がスケ撮影されないようにするにはポリエステルやナイロンなどが多く使用された素材は避けたほうが良いかもしれません


202129.jpg


次にこちらのキャラクターグッズの水筒を見て見ましょう

蓋が半透明な赤でボディが樹脂の黒です

今までの経験からしてこのタイプの黒は透ける場合が多いのでもし透けたら紫外線などが水稲の中の水分に届き悪影響が有るのでは無いかと考えられますのでそなのを調べるのにも
適していると思います

では「フォトクロミック」機能を使い映してみましょう


202130.jpg


このように映りました

蓋はこのように見事に透明に透けましたが黒いボディは真っ黒なままです

これなら太陽光の光が中の汁に届かず変質したりとか心配はなさそうです

このような検査に使うのにも最適です

あとスケスケカメラ全般に言える事ですがサングラスを買う時に活用して欲しいと思います

UVカット99%などとなっていてもスケスケカメラで見ると肉眼では黒いのにスッカスカに透けて見える物が多いです

このようなものを使うと暗く周りが見えるので瞳孔が開いて紫外線など有害な物が逆にたくさん入り健康には宜しくありません

先のサンシェードもUVカットと書いてあるのにご覧の通りスッカスカに透けるのですから・・・


202131.jpg


こちらはカーコンバーターでシガーライターに差すと交流電源に変換してくれて30Wまでの機器が使えるというものです

車の中で髭剃りとか充電するのにちょうど良い容量です


202132.jpg


こちらもスマホで見るとしっかりは透けていませんが何となく透けて中の作りが分かります


202133.jpg


こちらは3Dグラスの入ったケースです

長年色々と実験をしているのでやってみる前からもう透けるであろうことは想像が付くケースですが・・・


202134.jpg



やっぱり丸見えです
中の説明書までしっかり開けずに読む事が出来ちゃいました


202135.jpg


こんな風に非破壊検査的なX線カメラのような事が出来るスマホ
「OnePlus 8pro」は本当にすごいです

このスマホを知るきっかけとなったのはメンバー掲示板で「こんなのが発売された」
と話題にして下さった会員さんがおりそれを見た他の会員さんが購入し撮影して試した画像を掲示板に乗せてくれました

間違いが無いという事でメンバーさんは買いに走り私もこうしてレポートが出来るようになりました

カラーで透けて赤外線が無い所でも透けてスマホとしての基本性能も高いのに価格が
割安という言う事無しのスマホですが残念ながらこのスマホは今も買えますがX線みたいに使える「フォトクロミック」機能は削除されこれから買う人はここで実験したような撮影は出来ません

もうバラしても誰もRMSメンバールームならではの特権機能を何で一般公開するんだという会員さんも居ないでしょうから1歩踏み込んだ記事をブログに回してみました

昨年2020年8月に入会されていた人は確実にこの機能のものが買えたのでこの時点で入会されていた人はラッキーだったと思います

今まで何度もこのような事が有りました
ある日突然凄いものが密かにメンバールームで話題になり皆でウハウハという事は今後も続くと思います

いつ誰から発信されるか分かりませんので会員の皆様は掲示板を注視して頂ければと思います

当サイトはリアル(本物)に拘りづづけます
そして皆をこれからも魅了し続ける事でしょう

この形が叶っているのは会員さんのお陰が有るからだととても感謝しております

強いネットワーク 楽しいネットワークを広げていきたいと思います

衣服とか水着とか盗撮に使える機材などテクニックでも有りますが当サイトは
知的好奇心を刺激する大人の社交場です

安易に盗撮に使い捕まるような人が来ては困るので非常にハードルの高い入会制限にする事により安易な行動をしない人だけが集まるようにしております

機材が好きで知的好奇心を満たしたい人は是非ご入会下さい
今は年度が替わり人数制限をしておらず誰でもその気になれば入れます

紳士的で結束力の高いのが当メンバールームです





情報は生モノ、早く楽しんだもの勝ち あなたもRMSメンバールームへGO



Posted on 2021/01/02 Sat. 17:13 [edit]

テクニック  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://realmagicshot.jp/tb.php/182-e2bfbb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

RMS